2018年10月08日

10月7日

朝食後、バスにて出発。
まずはワジェンキ公園。
記念撮影と散策をして、次にショパン生家。
生家見学の後、買物と散策。
一部の団員でポーランドの歌などを歌い始めたところ、現地の皆さんが聞いてくださり拍手が起こりました。

そしてショパンも通ったというホノラツカというレストランで昼食。
ショパンも食したというピエロギをいただきました。
食後はその地下の部屋が元ワイン倉庫だったことから皆で「ビヤ樽ポルカ」「ガウデマーテル」を歌いました。

そのレストランからは徒歩で聖十字架教会に向かいました。
ここにはショパンの心臓が安置されています。
その中で私たちも「Ave Vern corps」「赤とんぼ」を歌わせていただきました。
343BE138-6721-44A7-A838-CE2DD331D875.jpeg

その後はバスで「国立フィルハーモニーホール」へ。
指揮者のクシシュトフ氏が丁寧に案内してくださいました。
しかも、ショパンコンクールが行われるそのステージで私たちも歌わせていただけたのです。
「ガウデマーテル」「Ave Vern corps」を歌いました。
バルコニー席の方も見学させていただきました。
2FFCA285-0BF3-4A0A-B3EB-771CD420A7E7.jpeg
貴重な経験をさせていただき感謝です。

その後旧市街を散策し、その中でも歌いました。

明日はポズナン市へ移動し、交歓演奏会を致します。

posted by 高崎第九 at 04:06| Comment(0) | ポーランド公演旅行