2020年01月17日

団員さんへ

5月のメイコンサートでは「メリーウィドウ」のステージがあります。
1月20日にバレエのテレビ放送があるそうです。
ご参考になさってはいかがでしょうか。

以外、ホームページより転載です。

NHK BSプレミアム
1月20日(月)【1月19日(日)深夜】

◇オーストラリア・バレエ「メリー・ウィドー」(2:28:00〜4:07:00)
<演 目>
バレエ「メリー・ウィドー」(全3幕)
台本:ロバート・ヘルプマン、ロナルド・ハインド
振付:ロナルド・ハインド
音楽:フランツ・レハール
編曲:ジョン・ランチベリー

<出 演>
ハンナ・グラヴァリ:アンバー・スコット
ダニロ・ダニロヴィチ伯爵:アダム・ブル
ヴァランシエンヌ:リアン・ストイメノフ
カミーユ・ド・ロシヨン:アンドリュー・キリアン
ミルコ・ツェータ男爵:スティーヴン・ヒースコート
ニェーグシュ:デーヴィッド・マカリスター ほか
オーストラリア・バレエ団

<管弦楽>オペラ・オーストラリア交響楽団
<指 揮>ポール・マーフィー
<舞台美術・衣装>デズモンド・ヒーリー
<照 明>フランシス・クローゼ

収録:2018年5月9日 シドニー・オペラ・ハウス ジョーン・サザーランド劇場


https://www.google.com/amp/s/balletnews.info/2020/01/16/he-australian-ballet-the-merry-widow-2020-1-20-on-air/%3famp=1

posted by 高崎第九 at 18:22| Comment(0) | お知らせ

2020年01月16日

本日の練習 1月16日

本日から通常練習開始です。
(先週は新年会と練習のセットでした)

本日から岸先生による男声の事前練習もm復活です。
新曲満載ですのでありがたいことです。

今日は冬らしく寒い日でしたので、会場も最初から暖房を入れていただきました。

発声練習のあとはまずはパート練習から。
女声、テノール、ベースの3箇所に分かれて練習です。
ベートーヴェンの曲から「エリーゼのために」。
アレルヤの意味など教えていただきました。
そして「メリーウィドウ」から舞踏曲。

後半は全体で合わせ練習です。
初めての合わせでしたが、全体の曲想がつかめたのではないでしょうか。

来週23日も高崎シティギャラリーコアホールで練習を行います。
(※1月30日は高崎第九合唱団練習会場での練習になります。)
posted by 高崎第九 at 22:10| Comment(0) | 練習日記

本日の練習会場

本日は

高崎シティギャラリーコアホールにて

練習を行います。
posted by 高崎第九 at 06:00| Comment(0) | お知らせ