2018年10月10日

10月10日

本日は比較的ゆっくりした集合出発です。
バスでまず向かったのはザブジェ市の市庁舎。
73500610-0FD8-4F33-B241-A7DD41B3AAD4.jpeg
女性市長さんが笑顔で温かく迎えてくださいました。
互いの挨拶とプレゼント交換が行われ、「ソーラン節」「シュワジェベチカ」「ガウデマーテル」の歌をプレゼントしました。

ザブジェは16年前にも第九演奏会をした所です。今回の演奏会も喜んで受け入れてくださり感謝です。

とても和やかなひとときでした。

また現地のメディアも取材に来られており、団長副団長がインタビューを受けました。

次にザブジェの炭鉱の歴史を見られる場所に行きました。
石炭の王国と言われたザブジェ。
その一端を垣間見ることができました。

そして聖アン教会。
厳かなカトリック教会です。
16年前はこちらで演奏会が行われたのです。
「Ave verm corps」を歌いました。
とても響きのある教会堂です。

さらに聖ヨセフ教会。
煉瓦作りでステンドグラスが美しい教会です。
こちらでも「Ave verm corps」を歌いました。
歌い終わったその瞬間、教会堂の鐘が鳴り響きました。(ちょうど正午だったのですが、あまりのタイミングの良さにびっくり)

そしてホテルに戻ってランチ。

しばし休憩の後、午後3時15分から歌のレッスンで最終確認。

そしていよいよバスでコンサートホールに向かいます。

高崎第九のみのリハーサル、合同でのリハーサルを終え、衣装に着替えて開演を待ちます。

そしていよいよステージへ。
2000人収容の音楽ホールはほぼ満席。

司会者の挨拶、説明の後、午前中市庁舎でお会いした市長さんもご挨拶してくださいました。

第1ステージは高崎第九。
「Gaude Mater」でスタートです。
ポズナンでのコンサートの時のように、2000人のお客様が起立して聞いてくださいました。

2曲目は「島唄」。大きな拍手をいただきました。
3曲目は「八木節」。和傘を使った演出や手拍子足拍子もあり、大喝采でした。

第2ステージは「第九」です。
合唱団は第3楽章の後にステージへ。
歓喜の歌がホール中に響き渡りました。

演奏が終わると大きな拍手喝采、そしてスタンディングオベーション。
拍手は鳴り止みませんでした。

指揮者、ソリストらに着物を着た賛助会員さんや団員から花束をお渡ししました。

指揮者、ソリスト、オケの皆さんも合唱団の方を向いて笑顔で拍手をくださいました。

演奏会の興奮も冷めやらぬ中、ホテルに戻ってレセプションです。

市長さんをはじめ、関係各位、指揮者、ソリスト、助っ人の合唱団の皆様を交え、和やかにスタートしました。

日本文化の紹介コーナーとして、「茶道」「書道」「折り紙」を設け、興味関心を持たれた方に体験していただきました。
体験された皆さんの嬉しそうな笑顔が印象的でした。

また、ギターと三線の伴奏で「シュワジェベチカ」「ビヤ樽ポルカ」「東京音頭」などを繰り返し歌い、盛り上がりました。

長くも充実した一日でした。


2つの都市での演奏会も無事終了致しました。
応援してくださった皆様、ご協力くださった皆様、大変ありがとうございました。

明日からは観光を楽しませていただきます。



【ポーランド公演旅行の最新記事】
posted by 高崎第九 at 21:21| Comment(0) | ポーランド公演旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: