2019年10月03日

本日の練習 10月3日(木)

本日も高崎シティギャラリーコアホールにての練習です。
事前練習はテノールでした。

発声練習終了後、まずは「第九」からスタートです。

12月の演奏会に指揮をしてくださる飯森先生の指揮に合わせられるように、フレーズごとに確認をしました。

また、各パートの音を確認し、全体を合わせたり、
リズムの取り方をいろいろな方法でやってみたりしました。
強弱をコントロールできるように練習しました。

後半は「美しく青きドナウ」のワルツ2を練習しました。
先週練習したワルツ1から2を通して歌いました。
さらに「第九」の後半も全体で合わせ、ハーモニーを確認しました。

※本日は「イオンマガジン」の取材班の方が4名おいでになり、
団長インタビューや、練習風景の写真撮影などをされました。
今日の取材内容は「イオンマガジン11月号」に掲載されるということです。

(取材班の皆様、ありがとうございました。)


※来週も高崎シティギャラリーコアホールにて
練習を行います。
posted by 高崎第九 at 21:50| Comment(0) | 練習日記

2019年09月27日

本日の練習 9月26日(木)


本日は高崎シティギャラリーコアホールにて練習を行いました。
 
こけら落とし公演も無事終了し、通常練習の再開です。

事前練習はテノールでした。

発声練習終了後、まずは赤羽団長より、こけら落としを終えてのお話がありました。

これからの練習は12月21日(土)の演奏会に向けての練習です。
まずは「美しく青きドナウ」の練習から始まり、後半は「第九」の練習です。

これまでは大友先生の指揮に合わせて練習を重ねてきましたが、これからは飯盛先生の指揮に合わせての練習です。

これまでとの相違点を再確認しながら練習をしました。

来週もコアホールにて練習を行います。


※練習日記の掲載が遅れてしまい申し訳ありません。

posted by 高崎第九 at 06:25| Comment(0) | 練習日記

2019年09月12日

本日の練習・指揮者レッスン(こけら落としまであと8日!)

本日はこけら落とし公演で指揮をしてくださる大友直人先生のレッスンです。

団員の拍手に迎えられた大友先生はにこやかに微笑まれ、練習を始めてくださいました。
「いいですね。」「素晴らしいです。」と認めてくださりながら、
「もっとここはこういうふうに」「ここはこうして」と具体的な指示を与えてくださいました。
一番印象的だったのは「cantabile(歌うように)」という言葉を何度もおっしゃっておられたことです。

そして技術的なことだけではなく、全体で作り上げるうえでの心構えや、個人個人の意識の持ち方にまでお話しくださり、大変勉強になりました。
お言葉はとてもソフトでしたが、内容は実は厳しいもので、背筋がピンと伸びる思いでした。

大友先生、丁寧かつ熱心なご指導ありがとうございました。


ただ残念なことにリハーサルの日まで団としておさらい練習をする時間がなく、あとは今日のご指導を個々が反芻しながら本番に備えるというところでしょうか。

************************

本日高崎芸術劇場開館記念演奏会追加公演のチケットが届いた方がいらっしゃいました。
当選された皆様おめでとうございます。

*************************

次週はこけら落としのリハーサルですので、通常練習はありません。

ご見学ご希望の方は9月26日(木)以降の通常練習にお越しください。
会場は高崎シティギャラリーコアホールです。
posted by 高崎第九 at 22:29| Comment(0) | 練習日記